新しいホームページへ引っ越し

市内小中学校のホームページについて、市内一斉にシステムが変更になるため、3月1日より小富士小学校ホームページも移転することになりました。それに伴い、現在のホームページは、あすより閉鎖となります。
新しいホームページのURLは、http://kofuji-e.esnet.ed.jp/です。一度アクセスしてみてください。(先に表示されているURLをクリックすれば、そのままアクセスできます。新URLを登録しておくと便利です。)

これまでたくさんみていただきありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

なかま集会

なかま集会では、先日子ども会で発表したものを全校に披露しました。

1~3年生は、「ぼくのたんじょう、わたしのたんじょう」自分が生まれるまでの様子や生まれた後のことについて親から聞き取ったことを発表しました。

聞き取りを通して、自分が大切にされてきたことを実感し、すなおに「うれしい」と感じたようです。

3~6年生は、ユーホールにある「モニュメント」と「土居町人権宣言」について聞き取ったことを発表しました。

モニュメントや人権宣言に込められた願いをみんなに伝えました。

練習の成果を発揮して、自分の思いが伝わるすばらしい発表でした。

朝のボランティア その後

11月の落ち葉の頃から始まった、朝のボランティア活動ですが、3月を迎えようとしている今も続いています。

登校後、笑顔で、小走りに、さっそうと登場してきます。

落ち葉はそれほどないのですが、樹木の間に挟まった葉っぱや、溝掃除など、自分にできることを見つけてやっています。

ここまで続くと本物ですね。

 

小富士小学校ホームページの引っ越しについて

市内小中学校のホームページについて、市内一斉にシステムが変更になるため、小富士小学校ホームページも移転することになりました。移転は、3月1日予定で、それに伴い、現在のホームページは、3月より閉鎖となります。
新しいホームページは、まだ準備段階で不十分ですが、閲覧することはできます。新しいホームページのURLは、http://kofuji-e.esnet.ed.jp/です。一度アクセスしてみてください。(先に表示されているURLをクリックすれば、そのままアクセスできます。新URLを登録しておくと便利です。)

すてきな卒業コンサート

第2校時、もうすぐ卒業する6年生が、2年生を招待して、「卒業コンサート」を行いました。2年生を招いたのは、4月になると、音楽でリコーダーが始まる2年生に、リコーダーについて、より知ってもらおうとするものです。

コンサートでは、2人一組で、リコーダーを演奏していきました。演奏した人が、次のグループの人を紹介するとき、その人のがんばりや良さも一緒に紹介していきます。

全部で、12曲披露しましたが、どの曲も、たいへんよく練習されていました。

6年生の一生懸命演奏する姿に胸がじーんときました。

6年生の演奏の後に、2年生が鍵盤ハーモニカで「こぎつねコンコン」をお礼に演奏しましたが、これも大変美しい音色でした。

コンサートの最後に、2年生と6年生が一緒に元気よく校歌を歌って終了しましたが、演奏だけでなく、優しい心も6年生から2年生に引き継がれたようでした。

心温まるコンサートでした。

「好きな教科は何ですか?」外国語活動

週に一時間の外国語活動です。5年生の学習の様子です。

この時間学習することは、「好きな教科は何ですか?」と聞かれ、「私は○○が好きです。」と答えることです。

このやりとりを、すべて英語で行います。

初めは、担任の先生とライアン先生のやりとりをみて。次に、隣同士で。最後は相手を見つけてこのやりとりを繰り返していきます。

教科名:英語は「english」国語は「japanese」といいますが、「体育」は何というでしょう。

学習の中では、「P.E」といっていました。これは「フィジカル・エデュケーション」を略したものです。

言い方にも慣れて、また一つ新しいことを覚え、楽しい1時間の授業となりました。

算数 切って、重ねて・・・

4年生の算数「直方体と立方体」の学習です。

「図形」は、学力テストにおいても、高めていかなくてはならない課題となっている領域であります。

本時は、立方体の展開図を書いてそれを組み立てていくという時間ですが、このように、切って、組み立てて、重ねていったりする活動を通して、わからなかったことがわかるということにつながっていくのだと思います。

 

6年生道徳 サプライズゲスト登場 

本日2月19日(金)第3校時、6年生道徳の授業を行いました。

主題は「努力することの大切さ」題材は1996年夏の甲子園で松山商業高校を優勝へ導いた「奇跡のバックホーム」の矢野選手がモデルです。

指導者は学校長。もうすぐ卒業してゆく6年生へエールを送りたいということで行われたものです。

授業では、「矢野選手はどんな思い黙々と練習していたのか。」「矢野おまえが行け、といわれたときの気持ち」など、子どもたちは一生懸命考えていきました。

「奇跡のバックホーム」の映像を観た後、まさかのサプライズ、矢野選手の登場です。これには、子どもたちもびっくりの表情でした。

矢野さんは、「どんな思いでライトのポジションについたのか」「どんな思いで練習に取り組んできたのか」丁寧にお話ししてくださり、最後、小富士小学校6年生へ向けて、「自分のよさを発揮して、これからも一生懸命努力していってください。」というメッセージをを送ってくださいました。

授業の後、6年生と矢野さんとの交流の時間をもちました。一人一人の児童の質問に丁寧に答えてくださいました。甲子園の優勝メダル、当時使っていたグローブなどを手に取り、珍しそうにみていたのが印象的でした。

外で全員とキャッチボールをしたり、鬼ごっこで遊んだり、また、給食もともに食べていただき、楽しい交流のひとときを過ごしました。

子どもたちは、矢野さんの誠実な人柄にふれ、みんな矢野さんのことが大好きになったようです。

将来、子どもたちが壁にぶち当たったとき、今回のことを少しでも思い出して、「がんばろう」という気持ちになってくれたらうれしいです。

 

子ども会学習発表会

2月18日(木)子ども会学習発表会がありました。

1年生から3年生までは、「ぼくのわたしの誕生」で、自分がお母さんのおなかにいるときの様子、生まれたときの家の人の気持ちなどをお家の人から聞き取ったことを中心に発表しました。調べることを通して、自分がとても大切にされたことを実感することができたことでしょう。

4年生から6年生は、「土居町人権メッセージ」を中心に、子ども会の時間に「土居町人権メッセージ」を作成した江口久さんから聞き取ったことをもとに発表しました。江口久さんがどのようにして、どんな思いで人権メッセージを作成したのか、劇にまとめて発表しました。

自分自身が差別をなくするためにこれからどうすればよいか、一人一人が発表し、子どもたちの育ちを感じたすばらしいひとときでした。

自信たっぷりに発表する子どもたちは本当にすばらしかった。

保護者の皆様、幼稚園、保育園、中学校などたくさんの人に来ていただき、子どもたちもやりがいを感じたことと思います。ありがとうございました。

今年度最後の授業参観

2月17日(水)は、今年度最後の参観日でした。

それぞれの教室で、子どもたちが落ち着いて先生の話を聞いたり、積極的に挙手したりと、1年間の成長を感じる時間となりました。

授業の後、1~5年生は、人権・同和教育研修・学級懇談、6年生は、中学校入学説明会・学級懇談がありました。

次年度に向けて、動き出しています。