お世話になりました<(_ _)>

土居中学校のホームページを、ずっと大切にしていただきありがとうございました。<(_ _)>

このURLでの公開は、本日をもって終了いたします。

明日からは、新しいデザインのホームページになります。

このホームページを、みなさんにも一緒に育てていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。(^_^)/

新しいホームページは こちらhttp://doi-j.esnet.ed.jp/  ←クリックしてください。移動します。

 

1時間目

2月も最終日。

子どもたち自身が、月日の過ぎ去る早さに驚いているかもしれません。

1時間目の子どもたちです。

月曜日の1時間目、いいスタートはきれましたか?

今日も6時間、頑張っていきましょう。

今日の給食

DSCN3929

今日の給食は「パインパン、ポークビーンズ、ツナサラダ、ブラッドオレンジ、牛乳」でした。

DSCN3931

今日の果物は「ネーブル」の予定だったのですが、生産者の寺尾さんから「先日の大雪の影響で実の味が落ちてしまいました。「ブラッドオレンジ」は雪の影響を受けなかったので変更してはどうでしょう?」という連絡をいただいて変更になりました。

初めて「ブラッドオレンジ」を食べた人も多かったようですが、とっても甘くておいしかったですね。

生産者の方は、いつも子ども達のことを考えてくださっているんですね。

これからもどうぞ、土居地域の子ども達のために、どうぞよろしくお願いします!

ホームページアドレスの変更について

市内小・中学校のホームページのシステムが四国中央市のシステムから、愛媛県総合教育センターのシステムに変更になります。それに伴い、ホームページアドレス、ホームページのページ構成が変わります。

新ホームページアドレス http://doi-j.esnet.ed.jp/ ←(クリック)です。

新ホームページは現在開設準備中ですが、閲覧は可能です。上記のURLをクリックすると新ホームページが開きます。早めの登録をお願いします。

新ホームページの運用予定日は、3月1日(日)です。

働く人に学ぶ講座

1年生のキャリア教育として、様々な職種の方々を講師として招き、「働く」ということを教えていただきました。

子どもたちは5時間目、6時間目と、2つの講座を選択しました。

美容師               看護師               保育士

歯科医師              建築設計士             食品製造

消防士            看護師(作業療法士)          幼稚園教師

警察官               菓子製造              郵便局

子どもたちのために、快くご協力をいただきましたことに感謝申し上げます。

How many いい顔?

さて、働く人に学ぶ講座の中で見つけたステキな顔。

あなたはいくつ発見できますか?

 

学ぼうとする目

3年生の数学、学ぼうとする目に感動させられます。

いい雰囲気の中で学習が進められています。

何とか力になりたくて、教えようと試みましたが見事に失敗。

Mさん、すみません。

また友だちや先生と学びあってみてください。

5時間目に気づいたこと

午後の授業も見せてもらいました。

3年生は入試に向けて、テスト形式の学習が増えています。

真剣な表情に出会ったとき、心から応援したくなります。

つづいて、英語科の班やペアでの学習を。

子どもが受け身になる時間を、できるだけ減らそうとしてくれています。

続いては、パソコンを使った2年生美術の授業。

美術室で描いた作品を、パソコンを使ってさらに独創的な作品に仕上げようとしています。

画面が一人一人違うのをお分かりいただけるでしょうか。

自由な発想を大切にしてもらって、子どもは幸せです。

次は2年生の理科。

先生が授業ごとに準備するワークシート。

それを貼っていくと、素晴らしいノートになっていきます。

先生方の思いに気付き始めたのか、学習態度が本当によくなってきました。

最後に体育の一コマから。

男子は10分間走のあとサッカー、女子はバスケットをしています。

授業が終わってすれ違ったときに、ハイチーズ♫

こんなにステキな笑顔をみせてくれるのも、授業に満足しているからですね。

先生も子どもも、みんな頑張ってます。

あっ!! おっ!? えっ!?

3時間目、校内を歩いて感じたのは、本当に静かだということ。

空き教室の2年2組の予定黒板を見ようと戸を開けると…

あっ!!

そこには学習中の子どもたちがいて、大きな迷惑をかけてしまいました。(><)

あまりに静かなので、勘違いしてしまったのです。

音楽室では1年生が歌っていました。

おっ!?

歌っていたのは「蛍の光」でした。

音楽も、卒業式に向けて準備が進んでいます。

最後に、えっ!?の話を。

1年生の技術は、木工作品を製作しているのは昨日紹介したとおりです。

今日はこれです!

子どもたちが手がけている作品の形が違うんです。

つまり、設計を子どもがしたということ。

40年前、私が中学生のときは、みんな同じものを、同じ材料で作ろうとしました。

今は違うんですね。

21世紀は、それぞれ一人一人の考えが大切にされる成熟社会です。

この授業のように、自分で設計し、作ってみて、途中で修正も加えて、納得できる物に仕上げる。

こういった経験は、世の中に出て必ず役立ちますよね。

小中連携授業実践交流会

5時間目、市内中学校の英語の先生、小学校の先生をお招きして、2年3組の英語の授業を観ていただきました。

電子黒板、デジタル教科書を使った授業をしているのは本校だけです。

英語の得意な子も、苦手な子も、一人一人が学びの主役であることが大切です。

そんな授業を篠原先生が提案してくれました。

授業後、英語が得意ではない男子に質問しました。

「英語はどう?」「楽しいです。」

このひと言が、土居中学校の目指している授業を見事に表現してくれているように思いました。